いわゆる『 特区民泊 』の認定申請に関する説明会に行ってきました。

正式名は、【 国家戦略特別区域外国人滞在施設 】の経営事業の認定申請の説明会です〜〜

(苦笑)何の事やら

要するに、業として行うにあたり、認定を受けてくださいね~

旅館行法関係者と妥協点を作って作成したのかな ? と思える内容に感じました。

この認定申請の内容ですと、既存のグレー若しくはブラックと思いつつ行っている方々が、正式に堂々と申請して業としてやって行こう❗️ という気には到底ならないでしょう。(主観です)

おまけに、外国人滞在施設と言う事なのに、申請が通ると、外国人はもとより日本人の宿泊も可能との事です。

個人的な感想は、手続き代行のビジネスの活性化と、初めから事業として取り組んでいる法人格の事業の一環としての取り組みが進むだけで、民間人の宿泊施設、空き家活用には程遠い印象を強く感じました。

しかしながら、始まりがないと改善はあり得ません。
ともかく、やっと第一歩がスタートされました。